東京駅の八重洲口と丸の内について

八重洲

一緒に脳内旅行をしてタイムスリップしませんか?

八重洲

東京駅八重洲口一帯を指すエリア名八重洲について紹介します。八重洲は、東京都中央区の地名です。東京駅の東側に位置し、東京駅では西側の出口を「丸の内口」、東側の出口を「八重洲口」と呼びますその通称として駅西側一帯を丸の内、東側一帯を八重洲といいます。八重洲の地名は、ここに住んでいたオランダ人ヤン・ヨーステンの和名「耶楊子(やようす)」に由来しています。彼は、江戸時代に日本に漂着し、徳川家康の国際情勢顧問や通訳として活躍しました。

2016/04/19 05:34:48